なのはな園について

partation_admission

なのはな園は、1995年からシュタイナー幼児教育を実践してきました。井の頭公園に近い東京都三鷹市に一軒家を借りて父母と教師で自主運営をしている、3~5歳児定員30名の園です。2013年1月より「一般社団法人 ヴァルドルフの森」を設立して運営を行っています。

幼い子どもたちが、安心して初めての集団生活を体験し、教師や友だちとの出会いの中で、ともに育ちあうことを大切にしています。日々の生活は、遊ぶことを中心にして、おやつやリズム遊び、お話を聞くことなどが、ゆったりとした流れの中にあります。

未来を生きる子どもたちのために、私たちの手で、健康で心豊かに育つことのできる環境を一緒に作りませんか。 どんなきっかけでも、なのはな園を知りたいという方々に、私たちの園の様子についてお話しします。

お子さんの入園に関心のある方は説明会に参加し、園内の雰囲気にふれ、保育者と出会ってください。なのはな園では、みなさんとの出会いを大切にしたいと考え、説明会に参加していただき「入園希望登録カード」を提出された方から順に、願書配布のお知らせをしています。2018年度以降の入園希望登録カードの受付はすでに始まっており、定員より希望者が多くなった場合は、お待ちいただくことになります。

入園に結びつくお子さんがいらっしゃらなくても、園の保育内容や運営形態、園内の様子などに関心のある方もどうぞいらしてください。